category未分類

うさぎのおねえちゃん

trackback0  comment0

うさぎカフェに行きました。

吉祥寺南口、井の頭通りにある「カフェ・ミニヨン」。
ビルの三階にある可愛らしいカフェですが、
ガラスで仕切られたお部屋があって、
うさぎと触れ合うことができます。

お食事メニューも評判の良いお店ですが
この日はピーチジンジャーティーだけ頂いて
うさぎモフモフに注力しました(≧▽≦)

うさぎのケージがたくさん並んだお部屋、
お姉さんが丁寧にお掃除をしています。
15分で300円、との料金設定と
ふれあう際の注意、をご説明頂いて
お部屋の中へ。

キノコの形のスツールに腰かけて
万が一、オシッコをされた場合の用心に膝掛けを脚にのせて
うさぎさんを選んでご指名、ケージから出してもらいます。

私は、ケージから出たい出たい~
 ̄(=∵=) ̄と、立ち上がってアピールしていた垂れ耳ちゃんを指名しました。

お部屋をぴょんぴょん走り回る、元気な垂れ耳ちゃん。まだ五ヶ月の女の子だそうです。
ふわふわ、つやつやの毛並み、可愛らしさで、ぬいぐるみのようです!

しかし食欲はワイルド…(^^;)
お姉さんが私に渡してくれるペレットやドライフルーツ、レタスの葉をもしゅもしゅもしゅもしゅ、無限に食べます!

もっともっと~、とおねだりして、私やお姉さんの膝に飛び乗ってアピール。
それはそれは可愛らしい(^-^) 癒されます!

でも。

規定の15分が経たないうちに
「あ、もういいです」と言いそうになっていました。
(言い出しそびれて、やっぱり15分ずっと触れ合ってしまいましたが…)

私は、自分がうさぎ好きだと思っていました。

ちょっと、違ったみたいです。

なんとかレッキス、とか、なんとかロップイヤー、と立派な品種名の、ふわふわ、キラキラの上等な可愛らしすぎるうさぎさん、には
あまり愛着を抱けませんでした。

可愛いのですが…。
きっと、他の誰にでもキャーキャー言われて可愛がって貰えることでしょう。

私が好きなのは、
七年間いっしょに暮らし、やんちゃし放題で死ぬほど困らせてくれた、それでいて私のあとをブウブウ鳴きながらついて回り、人間の言葉がわかるように応えてくれていた、
あの、うさぎのおっさん。

長毛種の血筋が混じった、平凡な灰色のでっかい石頭のうさぎ、

たまさん。

だけなのです。

たまさんが亡くなって三年近く。
一日たりとも忘れたことはありません。
私はまだ、たまさんが生きているかのように、塾の生徒たちにその話をして、板書にもテストにもたまさんの絵を描きまくっています。
だから、生徒たちも未だにたまさんのファン。
今日も校舎で、子供たちに
「たまさんのお話して!たまさんの絵を描いて!」と、せがまれました。

こんなにキャラの立った、人気者のうさぎがどこにいるでしょう。

たまさんと七年をともにしたことは、人生の中で特筆すべき、幸せな日々でした。
他のうさぎでは、絶対に代わりにならないんだな…
ということを、うさぎカフェで思い知りました。

特別なうさぎ。特別な存在。
たまさん、私、一生、浮気しないよ~
(^-^)/☆

そんなことを思っていたら
かわゆい姪っ子からお手紙が届きました。

「うさぎのおねえちゃんへ」


私信を公開してはいけないのですけれど、
あんまり愛らしかったので。

姪の「ふじ」は、うさぎが大好きです。
まだヨチヨチの赤ちゃんのとき、私の家に遊びに来て、たまさんと仲良くなりました。

今は小学五年生で、飼育委員になり、
毎日「クロタン」「オレオ」という二羽のうさぎのお世話をしているそうです。

自分がお世話をして育てたうさぎは
私にとってのたまさんのように
ふじにとっても、かけがえのない大切なうさぎになるのだろうな…と思いつつ

小さな姪の、うさぎとの幸せな日々を
応援しています。
スポンサーサイト
category未分類

肋骨。

trackback0  comment2
DSC_0236.jpg
誕生日に ヒツジ様から素敵なケーキを頂きました。
その名も「サラブレッドロール」!
なんと本物の蹄鉄付き!
ティラミス味のロールケーキはふわふわ、甘さ控えめで
とっても美味しいです♪
蹄鉄は玄関に飾りました~。
幸運のお守りですが、
馬のアイテムが家にあるだけですでに幸せ(^^♪
ヒツジ様、ありがとうございました!

夏期講習という、一か月半に及ぶ真夏の修行の日々が終わり
最終日は打ち上げだー!わーい!と
皆でオールナイトで飲んでしまい
その後のお疲れ様休暇は
馬に乗ったり リングで暴れたりと
思うさま自由に過ごしてそれはそれは
すっかりハッピーになったわけですが

なんだか…
肋骨が痛いわ…
全身が派手なアザでカラフルになっているし…
(´・ω・`)イタイ

ええ。
いつものことです。
酔っぱらって転んだんです。

あまり詳しく言うとまた、優しい方々をおおいに心配させてしまうので
さらっと地味に書いておきますが
四階の階段から転がり落ちた模様です。
(おぼえてない)

で、全身がアザでレインボー状態なのが
ちょっと恥ずかしいなーと思いつつも
馬でガンガン走ったり、サンドバッグをバンバン打ったりしていたのですが
なんだか次第にアバラの痛みが強くなってきて…

さきほど整形外科に行ってまいりました。
肋骨にヒビが入ってました。
( ;∀;)

自然にくっつくまで放っておくしかないのですが
右手を挙げたり重いものを持ったりすると
けっこう痛みますね。
たかがヒビのくせに、なかなか厄介です。

そして明日は毎年恒例の、夏の終わりの健康診断♪なのですが
バリウム飲んでぐるぐる回転させられるの、
めちゃくちゃ肋骨に響きそうだなー(>_<)

が、がんばってきます。

category未分類

体育会系夏休み

trackback0  comment1


例年通り、地獄の夏期講習期間を頑張っておりますが…

八月の上旬に少しお休みが取れたので
神奈川県の真鶴に行ってきました。

この数年、夏と冬に父を旅行に連れていくのが恒例になっています。
しかし昨年、山の清流豊かな宿に泊まらせたところ
「パパは山は嫌いなんじゃー。海が好きなんじゃー」
と、大ブーイング。なんと我儘な…(# ゚Д゚)

それじゃ今年は海に連れてったろやないかい、
んでも私は山で馬に乗りたいんじゃい、
と、どっちの希望にも合うような都合の良いところはないものか、と探したら
ありました。
漁港の町、真鶴には岩海岸という海水浴場があって
隣駅の根府川には、乗馬や流鏑馬のできる牧場があるのです!
しかも、横浜から東海道本線で一時間という好アクセス。
\( 'ω')/ワーイ!

「サドルバック牧場」は山の中腹にあって、大海原を見下ろす素晴らしいロケーション。
快祐くんという木曽馬に乗って、流鏑馬ごっこを体験しました。
いつも乗っているサラブレッドとは違って、体高が低く穏やかな性質の和種馬。
山に生きる馬とのことで、急斜面を力強く登り下りしてくれます。
和弓はまったくの初めてでしたが、スタッフのお姉さんが丁寧に教えてくださったので
なんとか馬上から的を射て、流鏑馬気分を味わうことができました。

こちらの牧場、とてもお洒落なカフェも併設しているので
海を見ながらお茶するだけでも楽しそうです。

午後は岩海岸で海水浴。
海で泳ぐのはなんと三十年ぶりでした(;'∀')
大きな波にざぶんと乗るのが楽しい!
引き波が強くてちょっと怖いですが…

父も嬉しそうに泳いでいました。

数年前に大腸がんの大手術をして
一命はとりとめたものの、ストーマをつけざるを得ない時期もあり
不自由な中で、一時はあきらめモードになっていた父ですが

やっぱり体育会系は強い。
でたらめに強い。

水泳と剣道で全国大会、
大学でアメフトを、ついでに柔道やボクシングもやっていた
アホほど丈夫な生き物です。
いつの間にやら回復して、ご陽気に大酒を飲み歩く日々。
よく考えたらもう八十歳にもなるはずだけれど
海で元気にバタフライしてます…( ゚д゚)

海辺の小さな民宿に泊まりました。
優しい女将さんが、海の幸をどっさりご馳走してくれます。
おなかが苦しくて眠れないほど、食べ過ぎてしまいました。
それでも翌朝のご飯がまた美味しくて、三杯もおかわりを…(^-^;
いつもの五倍は食べてしまったような気がしますが
前日の運動量がハンパなかったせいか、かけらも太らず、ウェイトはアトム級のまま。

…という話を人にしたら
「めちゃくちゃ暑苦しい夏休みっすね!さすが武闘派っすね!」
と言われてしまいました。(´;ω;`)

子供の頃は体育が苦手で、スポーツ大っ嫌いだった私ですが
いつの間にやら体育会系に。

父の遺伝子が遅れて発現したのでしょうか。
このままでいくと、いつか大病しても化け物のように甦り
八十歳になってもリングでバキバキ闘ったり、馬に乗って障害をガンガン跳んだり
しているのかも…しれないです (;´д`)コワイ

でも、元気がいちばん!
皆さまもパワフルに健康的な夏をお過ごしください!

category未分類

保険に、入れない…

trackback0  comment0

私の趣味はボクシングと乗馬です。

最近ようやく気付いたことですが、この二つのスポーツは
競技中の負傷率が高いものの筆頭でした。
もちろん、それを鑑みて、万全に万全を期しながら挑むわけですが…。

それでも、馬は生き物。優しく賢い動物ですが、半トンの体重と一馬力の力を持ち、あやまちがあれば人馬ともに危険なことになります。
ボクシングは、戦闘。相手を殴り倒すことが本来の目標ですので、怪我は必然とも言えます。

乗馬クラブでは毎回、一日掛け捨てのスポーツ保険チケットを購入します。
ボクシングジムでは、一年間のスポーツ障害保険に毎年加入します。

双方を合わせると、結構なお値段。

乗馬はいよいよ駈歩レッスンに入り、次は障害飛越に挑戦したい今日この頃。
ボクシングはいつもリングで男性会員とマス対戦をし、そろそろ「女の子向け」の手加減もして頂けなくなってきた今日この頃。

支出を抑えつつ、大きな怪我に備えて、個人でスポーツ保険に入ろう!と決意したのでした。

まず、民間の某スポーツ保険会社の資料を取り寄せました。
読んでみると…
「一部の格闘技やアウトドアでの危険なスポーツと見なされる競技は不可」
との一文が…。

気になったので、電話してみました。
「私はボクシングと乗馬をアマチュアの趣味で行っているのですが、加入できますか?」
応対してくださった方は、戸惑った感じで
「あの、上の者に確認いたしまして、回答させて頂きます…」困惑。

15分後、かかってきた電話で
「あの、ボクシングと乗馬ということで…当社には前例がなく、申し訳ございませんがご加入頂けません」

断られたよ!(@_@)

その後、他社のスポーツ保険に問い合わせるも、ジムの年間保険に入っているせいで手続きがややこしくなり、こちらもアウト。

そんな時に、郵便ポストに入っていた自治体の保険が安くて、スポーツ障害にも対応すると知り、すかさず加入申込書を送付。

…したところ、即座にリターン電話が。
「治療中の疾病の欄に、気管支喘息とのご記入がございますので、ご加入頂けません」

そう、私は生まれつきのハイパー・アレルギー体質。
喘息・アトピー・鼻炎のアレルギーマーチを持っていて、東京都の大気汚染条例、つまり公害病の認定を受けているので
通常の保険には入れない、ということが明らかになったのです。

10年以上、発作も症状も出ていない、と言い張っても
定期的に専門医に受診している以上、保険ではリスキーな加入希望者と見なされます。

危険と思われるスポーツを二つもやっている以前に、私は公害病の喘息患者で

保険なんてどこにも入れないんでしたー!

超ショック。(--;)

それでも。
さまざまな保険に体当たりで問い合わせを続けて

ようやく。
某会社の「健康に不安のある人でも入れちゃうよ☆」保険に問い合わせて
怪我や障害もふくむ、生命保険に加入することができたのでした。

掛け金、めっちゃ高いです。
保険金、めっちゃ安いです。

それでも。

なんだか少し心が落ち着きました。

好きなことばかりして(しかも危険なスポーツ)好きなように生きてる人生。

とつぜん閉じることになったら
身内の者たちに迷惑だけ残すことになって
申し訳ない!
という思いが、ずっと引っ掛かっていたのです。

もう大丈夫だ。
葬式代、出るぞー!

さっそく、弟ヒロキにlineを送りました。
姉ちゃん、生命保険に入ったから、死んだら葬式よろしくな!と。

ヒロキから速攻返信。
「心得た!葬式ではドアーズの“the end”を流して盛り上げるよ!」
と…。

うむ、これでは死ねぬ。

怪我せず長生きを決意しました…。
category未分類

お暑うございます(¨;)

trackback0  comment0

お馬のべっさん。

私は乗馬クラブの馬に「べっさん」「ノブさん」「チェロ吉さん」などと
飲み屋のおっさんみたいな渾名を勝手につけていますが
本当は、それぞれベストフレンド、ノーブルプラネット、チェロキーという立派な名前があり、由緒正しい立派な馬たちです。
気さくな呼び方してゴメンなさい_(..)_

すでに夏バテしました。
健康優良タロットリーダー、夏生まれで猛暑大好き!なのに、不甲斐ないことです。


タロットドリル効果で、通信講座の生徒さんがドッと増えました。
本当にありがたいことなので、毎日、張り切ってレッスンを楽しんでいます。

でも塾の授業もフルで週五日、ボクシングにも乗馬にも行きたい…
という欲張りなので
予定、みっちみちに詰まっています。

昨日は、朝からダッシュで乗馬に行きました。クラブまで片道三時間です。33度の真夏日、炎天下で駈歩レッスンを二鞍。
…頭からバケツで水をかぶったような汗になります。(それなのに、替えの下着を忘れたので、ひどい“あせも”になりました。私は重度のアトピーなので、自分の汗にかぶれて大惨事になります)

なるべく馬と一緒にいたいので、帰りの時間ギリギリまで粘ります。おやつにニンジンをあげて馬とコミュニケーション。心癒されるひとときです。

帰宅ラッシュの満員電車で戻り、駅からまたダッシュ。電話の通信タロットレッスンが二件入っています。

自宅に帰りつき、室内の凄まじい暑さに呆然とします。

36度て。
(暑さのあまり画像ブレました。すみません)

最上階のこの部屋、暑い日は外気温をぶっちぎった高温になってしまうのです。
引っ越したとき、二十畳足らずのワンルームにエアコンが二基ついているのに驚きましたが、つまりはこういうわけなのでした。

焦熱地獄かい!

エアコンをフル稼働させながら電話レッスンを行いましたが、汗はだらだら。意識朦朧。
…夏中、ずっとこんな状態かと思うと逆にテンションがあがり
もう、家では“裸族”として生きていこうかと思ってしまったほどでした。

そんなわけでバテバテです。
仕事の後のシャワーやビールは格別ですが…
前記の通り、自分の汗にやられて入院沙汰になるレベルのアトピーなので
暑さは得意、と根拠のない自信を持ちすぎることは、戒めようと思いました。

倒れない程度に頑張ります(^^)v
仕事と趣味で充実しているのは幸せなことですから…。

皆様も、この夏の暑さにどうぞお気をつけください!
どうか快適なサマーライフを!(^.^)/~~~
New «‡Top» Old