categoryタロット

カップのA

trackback0  comment0



ひと頃に比べて、東京で鳥の姿を見ることが多くなった。

街なかで見かけるのはカラスとスズメ、ハトくらいではないかと思っていたが、
気がつけば、あちこちから様々なさえずりが聞こえてくる。


地元の駅には今年もツバメが帰ってきた。
去年とおなじ場所に巣をつくり、母ツバメが卵を温め始めている。
父ツバメが「どうだ!」という顔をして胸を張り、乗客の群れを見下ろしているのも例年通りである。

駅の横を流れる川には、よくシラサギが飛来する。カモの群れにひと際目立って優雅だ。
小柄なコサギは、ツインテールのような頭の飾りを振りまわしている。

住宅街の電線に、大きな緑色のインコがずらりと並んでいるのを見かけたときは驚いたが、
これはペットとして輸入されたワカケホンセイで、逃げ出して野生化したものらしい。

冬場は、ムクドリが残った柿の実をつついたり、のんびり日向ぼっこをする姿が見られた。
シジュウカラはそこらじゅうにいて、朝の訪れとともに鳴きかわし始める。
ウグイスの歌を聞くことも珍しくはなくなった。
乗馬に行けば、馬房のまわりを生意気なハクセキレイが走り回っている。

気がつけば、街は様々な鳥の羽ばたきに満ち溢れている。


小鳥にいたずらをされた。

駅から仕事場に向かう近道がある。
ほんの数メートルほどの細い路地だが、上に八重桜の枝がアーチ状に被さっている。
花の頃は、なんとも風雅な小道となるのだ。

頭上の枝に、小さな鳥がとまっていた。
茶がかった灰色の地味な色合いだから、ウグイスだったのかもしれない。
(ウグイス色をしている鳥はウグイスではなく、メジロである。)
私が下を通る瞬間、小鳥は八重桜の花をついばんだ。
ひらひらひら。

ひらひらひら、と
桃色の花びらが私の頭に降りそそいだ。
しずかな春の午後、あたたかな日差しのもと、
小鳥が花弁の雨をひらひらと降りこぼしてくれる。
まるで絵本のような、童話のような出来事に、心が酔ったようにふわふわとした。

通り過ぎ、振り返ってみていると、
小鳥は人が通るごとに、ひらひらと花を降らせて喜んでいるようだった。


カップのAのカードを思い出した。
たおやかな手に支えられたカップに、
ホスティア(ミサ用のウェファース)を咥えた白いハトが舞い降りる。
それをきっかけに水は湧き出し、蓮の池に流れ落ち、
蒸発して大気の中をのぼり、雲になって雨になって降りそそぎ、
という美しい循環を始める。

水が象徴するのは揺れ動き湧き出す感情、愛情であり、
自在にかたちを変えながら広がっていく感覚や、イメージである。

小鳥によってきっかけはつくられる。
心は動き始める。
自らを優しく満たす愛はこぼれて広がり、
周囲のすべてに注がれていく。
優しい気持ちや美しいイメージは蒸気のようにふくらみ、
殺伐とした、散文的な世の中を塗りかえて
詩情溢れる世界へと変えていく。

憎しみや攻撃ではなく、
差しのべられる手と想いがある世界、
それは平和だ。


2011年3月11日の午後。
私のいた家は軋み、ねじれ、傾きそうに激しく揺れた。
無我夢中で廊下を駆け抜け、玄関のドアを開け放った私は
空を見て息をのんだ。

無数の鳥、鳥、鳥、
カラスやハトや名も知らぬ鳥の群れが空を飛び回っていた。
ギャアギャアと鋭く鳴きかわし、高く低く混乱して、
隊列をつくることもなく四方八方に乱れ飛んでいる。

常なら地上にいたり、軒端に休んだり、木々にとまっているはずのすべての鳥が
激震を受けて一斉に空に飛び立ったのだ。

どんよりと白く曇った空を、乱高下しながら旋回する鳥たちの群れ。
ヒッチコックの映画のように、ただごとではない光景。


鳥が地上に安らげない世界は、人にとっても安らかではあり得ない。
天災を止めることはできなくても、
動乱や爆撃で街を震わせるのを避けることはできるだろう。


平和の白いハトを探さなくても、すぐそこで
身近な街中で、この窓の外で
ぴーすぴーすぴーす、と
シジュウカラはいつも唄い続けている。
スポンサーサイト
categoryタロット

ワンドの10

trackback0  comment0


「わら一本がラクダの背を折る」(The straw that breaks the camel's back.)
 という言葉がある。

そのラクダは、耐えられる限界ぎりぎりまで荷を背負わされている。
凄まじい重みは背に食い込み、いまだ倒れずにいるのが不思議な位だ。
これだけ背負えたのだから、まだ大丈夫だろう…と
最後に藁を一本、荷の上に乗せる。
ばきり。
ラクダは背骨を折って死んでしまう。
ほんの数グラムの重みでも、もはや耐えきれないところに来ていたのだ。

「何ごとも、限度を超えてはいけない」
ということを示す諺だが

こわい言葉である。

「最後の羽一枚が、馬の背を折る」というバージョンもあるそうだが
藁にせよ、羽にせよ、
ほとんど重さのない、存在感すらない、何気ないものが
誰かにとどめを刺す。

とても怖いことだ。


責任感のかたまり、と言われ
誰にも好かれ頼られるひとがいた。
職場では、皆が嫌がって手をつけない仕事を一手に引き受ける。
晴れやかな笑顔で人の気持ちを明るくしながら
手際よく業務を片付けていく。
有能だから、間違いがないからと
その人のもとに持ち込まれる仕事はどんどん増えていく。
いつも深夜まで残って働いていた。
翌日に残すと、他の人が苦労することになるからだ。
数年たち、十数年がたち、
「その人でなければできない仕事」は膨大な量になっていた。
笑顔に陰りが見え始めた。
それでも、ひとりで頑張り続けた。
手伝おうか…と申し出た人には笑って首を振った。
それどころか、その人の分の仕事まで引き受けた。
業務はますます増え続けた。
そのひとの顔色はいつも真っ白だった。
微笑みがこわばるようになっていた。
「じゃ、これもついでにお願いね」と明るい声がして
一通の書類が、いまだ片付かない束の上にふわりと置かれた。
そのひとは笑みを返そうとして止まり、ふ、と息をついた。
翌日、そのひとは職場に来なかった。
なんの連絡もなかった。
その翌日も、来なかった。
何も言わず、何の説明もなく、
二度と、来なかった。


よくある話だ。

ことに日本では、どこにでもある話と言えるだろう。

どんな職場にも「そのひと」はいるし、
多くの家庭のお母さんはおそらく
「そのひと」であることを一生ひき受けていく。
仕事ではない、どんなものごとであっても「そのひと」は生じるし、
そのことに気付かない周囲、気付いていても見ない周囲の構図も同じだ。
私が見てきたあちこちの場所にも「そのひと」はいたし、
私自身が「そのひと」であったこともある。
そして私が、軽やかな藁の一本を無自覚に積むことで
「そのひと」の背中を無残にも折ってしまったこともある。


ワンドの10番。
義務と責任をいっぱいに背負いこんで
つぶれそうな重みに耐えながら歩いていく人物が描かれている。

完成数である「10」の札には
そのスートの世界が最後にはどんなところに行きつくのか、
その結果が描かれている。

ワンドの世界の主人公は、野心に燃えて旅立った。
今は棒きれ一本しか持っていないけれど、
いつかは、はるか遠くに見えるあの城を我がものにしようと。

過去と未来を秤にかけ、自分にできることを確かめた。
冒険に出て、経験値を積んで自信をつけた。
ある村で優しく迎えられ、仲間の有難さを思い知ったけれど
野心が頭をもたげる。
意見や立場の違う者たちと、しのぎを削らずにはいられない。
戦いに勝利をおさめても、すぐにライバルに出し抜かれる。
有利な立場に立っても、すぐに逆転され追いやられる。

ついに、誰のことも見えなくなる。
見えるのは戦場を飛んでいく槍、燃える矢、投擲された岩、爆弾、ミサイルだけだ。

ようやく、自分だけの狭い陣地を手に入れる。
手ひどい怪我を負った彼は、誰のことも信用しない。
誰も自分の領地には入れない。
疑心暗鬼に満ちて周囲を睥睨する。

戦争が終わり、敵が去っても
何ひとつとして人に任せることができなくなっている。
手に入れたのは城ではなく、つつましい家が一つだけれども
そこに薪を運ぶことすら、誰にも頼めなくなっている。

重くて倒れそうだけれど、ひとりで抱え込む。
藁の一本も載せたら背中が折れそうだけれど、ひとりで背負っていく。
野心を追い、戦い続けてきた彼には
心をゆるせる人など一人もいないのだ。

それでも耐え抜き、ゴールまで歩き通す姿は


雄々しいだろうか。立派なものだろうか。

それとも、愚かしい真似なのだろうか。


タロットはどちらとも決めつけない。

ただ、背負い込んだすべての重みをしっかりと引き受けて
その力を限界までいっぱいにチャージして
ワンドの世界の張りつめた強いエネルギーは
そのままカップのAへとまっすぐ流れ込んでいく。
categoryタロット

ワンドの9

trackback0  comment0


数年前まで、うさぎと一緒に暮らしていた。


「飼っていた」と言わないのには理由がある。

彼(牡兎である)は我が家のおおかたの場所を自分のテリトリーとし、
自由闊達に駆け回り、遊びまわり、跳ねまわって暮らしていた。

どちらかと言えば、私のほうが自分の居場所を探してうろうろしていた。
広くもない2DKのマンションだが、専有面積が大きいのはうさぎの方だったのである。

彼が事情によって家にやってきた当初、うさぎのケージは廊下に置かれていた。
おずおずとケージから現れた彼は、まず廊下のすみにおしっこをすることでテリトリー宣言をした。

一緒に住み始めて一月足らず。
私が仕事部屋にしていた四畳半ほどの小部屋は、うさぎに召し上げられた。

数週間後。彼はダイニングまで出張してくるようになった。

さらに数週間。リビングが彼のお気に入りの遊び場になった。

小部屋から廊下を駆け抜けてダイニングで跳躍、そのままリビングにダイブして
気足の長い絨毯が草原でもあるかのように走り回り、嬉しそうに鼻を鳴らす。

放し飼いの自由さが功を奏したのか、彼はうさぎとしては記録的な長寿を全うした。


しかし、今も不思議に思うことがある。
彼がテリトリーとしなかった、むしろ、入るようにうながしても絶対に肯んじなかった、
数少ない場所があったことだ。

彼は浴室と脱衣所には決して入らなかった。
しかしこれは、家に来たばかりの頃にいちど、あまりにお尻が汚れていたので
無理にお風呂に入れて洗ったときの恐怖が尾を引いていたのかもしれない。

謎めくのは、キッチンに立ち入らなかったことだ。
ダイニングとキッチンは完全に一体化していて、扉も段差も何もない。
ただ、ダイニング部分にはカーペットが敷かれ、キッチン部分はビニールクロスの床材という差だけだ。
うさぎは決して、どんなに浮かれて走り回っているときでも、キッチンに一歩も踏み込まなかった。
私が彼の好物の明日葉やリンゴを持っているときも、ダイニングのぎりぎり端でぴたりと止まり
いかにも欲しそうにぐうぐうと喉を鳴らすばかりだった。

謎である。

彼なりに、自分のテリトリーはここまでで、境界線から先は人間のテリトリー、と
決めていたのかもしれない。


ところで、縄張りという言葉は奇妙である。

人間が自分の領域として意識する範囲、言い換えれば他者の接近を不快に思う距離のことは
パーソナルスペースと言う。
「縄張り」を持つと表現されるのは、基本的に動物だけである。
人間では、勢力争いを繰り広げるある種の職業の人についてのみ、
揶揄の意味合いで「縄張り」と言うのではないだろうか。つまりは動物扱いである。

考えてみればおかしなことだ。
「縄」を「張る」のは人間だけだ。
古来、領地や城の範囲を決める際に縄を張りめぐらして場所取りをしたことが語源らしいが、
動物はそんなことはしない。尿や臭腺でマーキングするだけだ。
「縄張り」とは、擬人的な表現なのである。


ワンドの9の人物は、幾本もの棒を立てて縄張りを守っている。
見たところ棒の間隔はスカスカで頼りなく、誰でもいつでも侵入できそうな状態だ。
つまりこれも、形式としての「縄」であり、心理的なテリトリーの表明だと解釈できる。

この領域に入りにくいのは、棒というより中の人物の顔つきのせいだろう。
負傷した頭部に包帯を巻き、こんど俺に手を出したら容赦しないぞという形相で
肩をすくめるようにして自分を守り、胡乱そうに辺りをにらんでいる。
いわゆるところの“近寄らないでオーラ”を存分に放出している。

防衛心、ガードの固さ、縄張り意識、抵抗力、領分、シャットアウトを意味するこのカードは
見ようによっては痛々しい。
必死に守っていなければ壊れてしまう脆さを感じさせる。

なぜか。


「縄張り」が成立するのは、そうでない場所のほうが圧倒的に広いからである。
テリトリーの語源はterra、つまり地球、つまり大地であるわけだが
そもそも、地球上の大地に境界線などない。
そこを小さく区切って、一時的に自分の場所とするのは動物だ。
しかし動物は、自分が立ち去ったあと、死んだ後もそこが縄張りであるなどと思わない。

そんな勘違いをするのは人間だけだ。

縄やら棒やら石造りの壁やら、国境線やら不動産売買やらで地球を区切り
そこが自分のテリトリー、未来永劫自分のもの、などと勘違いしているのは
人間だけである。

百年、千年もたてば、そんな縄張りは残っていないだろう。
一万年、十万年後。大地そのものも形を変え、地球が続いているかどうかの保証もない。
どだい、自分の死後も自分のテリトリーであることに何の意味があるのか。

犬のおしっこと大差ない、ほんの一時のマーキングでしかないのに
自分を支える大地そのものだと誤解して、しがみつこうとする意識は痛々しい。

領土を区切った瞬間、その外はすべて敵の土地になることも
実際に仕切ってみるまで気づかないのではないか。


とは言え、ひとときの安全、一時の安心でさえ得難いのがこの世界である。
しばらくの間でも、ある場所を自分のしるしで区切って、
世界の中に「内側」をつくって、
ほっとしていたい…というのが、人間を含めての動物たちの本音ではあるだろう。

縄張りづくりとは、痛々しくも可愛い、弱い生き物のゲームなのかもしれない。


うさぎがキッチンに立ち入らなかったのは、おそらく
「どこかで区切らないと、自分のテリトリーが実感できないから」
ではなかったか、と、今は思っている。
categoryタロット

ワンドの8

trackback0  comment0
無題

人生でいちばん忙しかったのは、おそらく高校二年生の秋だ。

私は文化祭の実行委員長だった。
都立芸術高校という、美術科・音楽科を合わせても全学年で6クラスしかない、
とても小さな規模の高校ではあったが
年に一度の学祭はそれなりに盛大だった。

私は、やたらと多くのクラブに入っていた。軽音、漫研、文芸、演劇、etc.
自分たちで立ち上げた同好会もいくつかあり、文化祭当日には
大掛かりなダンス舞台や、バンドのライブをステージで披露することになっていた。
クラス単位での出し物も勿論ある。
そもそも美術科の学生なので、普段の勉強や課題の製作もあった。
そうした中で、会議につぐ会議、設営、プログラムの準備、外部との連絡などの仕事が
雪崩のように押し寄せてくる。汗かき走り回る日々。

…という記憶は、実はおぼろげである。
なにしろ三十年以上も前のことなので、あまり憶えていない。

基本的に私は忙しがりだ。いつも時間がなくて、せかせかしている。
常に複数の仕事を並行して行っていて、趣味も多く、学びたいことも多い。
タロットだ塾だ乗馬だボクシングだと走り回り、
人とも会いたいし旅行もしたい、本も読みたいし文章も書きたいし
絵も漫画も描きたいし語学も園芸も家の中の雑事もばっちりこなしたい!と
気負いこんだ挙句、どれも中途半端になる。
実りのない、困った性分である。

大体いつも忙しがっているのだが、高校の文化祭がいちばん大変だった!と言えるのは
ひとつの確かな記憶があるからだ。

当時、私はスケジュール帳を使っていた。
ごくありふれたノート形式のもので、見開き2ページにひと月の予定を書き込むスタイルだった。
一年の終わり、新しいスケジュール帳に切り換えるときに
びっしりと日々の記録が書き込まれたページをパラパラとめくって
私は思わず笑ってしまった。

文化祭のあった10月だけ、真っ白なのだ。
何の書き込みもない、白紙の見開き。

本当に忙しいときは、スケジュールを書く暇すらない。
覚え書きをメモする暇すらないのだ。

白紙のページは、あまりの忙しさにおそらくは真っ白になっていた、
私の頭の中のようだった。



ワンドの8の札には、人が描かれていない。

びゅーんと空を切って飛び去る八本の棒があるだけだ。

紀元前から中世までの戦争をイメージすると、この絵柄の表すところがわかる。
敵の城塞、侵略したい陣地に攻め込むとき、飛行機やミサイルはない。
投てき器を用いて、重い石や燃えさかる棍棒を飛ばすのだ。
砦を守る者たちが燃える矢に射抜かれたり、打ち込まれる丸太に弾き飛ばされたり、
といった戦いの様子を、映画で観たことのある人もいるだろう。

ワンドの8では、すでに戦いが始まっている。
青空を切り裂く棒は、すべて平行に描かれている。
最長距離を最短時間で飛んでいくこの棒は、スピードを表現している。

考え得る限り最も速い変化。
スムーズな進展と迅速なアプローチ。
正位置である限り、スピーディな展開に邪魔は入らない。快調だ。

逆位置になると、棒はまっすぐに飛ばず、ぶつかりあって
がちゃがちゃと落下してしまう。
進展の速さについていけないのだ。焦りと恐怖に襲われてたじろぎ、
スピードに振り回されてしまう。望みは果たせない。

平行に真っ直ぐ、どれもがぶつかりあうことなく、滑らかに進むのであれば…
速度は味方になる。
最短時間で多くの結果が出せるだろう。

能力や限界を超えて、無理に急ごうとしているのであれば…
速度は敵になる。
猛烈な勢いに吹き飛ばされ、無念の臍を噛む。


先日、初の落馬を経験した。
暴走した馬の背から、勢いよく吹っ飛ばされたのだ。

時間が惜しくて、何もかもと欲張って、急いで焦って無茶をした結果だ。
雑な人間はスピードに乗れない。

どんなに忙しくても、スケジュールをしっかり管理できて
ひとつひとつを丁寧に確実に進められる人にしか
目標の同時進行は許されないのかもしれない。
categoryタロット

ワンドの7

trackback0  comment0
th61ZM24OZ.jpg

タロットで迷子を捜したことがある。

迷子と言っても小さな子供ではない。うちの父だ。

休日の、家族連れでごった返すデパートだった。
弟夫婦の家を訪ねるところで
私にとって甥、父にとっては孫、に当たる男の子たちのために
おもちゃでも買っていこうか…と、玩具売り場に立ち寄ったのだった。

うちの父は自由すぎる性格の人で、自分の興味とリズムだけで飄々と歩く。
ワンフロアを埋め尽くすおもちゃの大群に夢中になったのか
ふと気づいたときには、私の視界から消えていた。

慌てて探したが、見つからない。
携帯電話にコールしても、電源が切れていてつながらない。
スポーツ用品や洋服を見に行ったのかも、と
他の階を探してうろうろしたのがまずかった。
余計に、どこにいるのかわからなくなってしまったのだ。

さすがに、館内呼び出しのアナウンスをして貰うのは気が引けた。
迷子はちびっこではなく、高齢者なのである。徘徊老人と思われかねない。

困り果てた私は、携帯していたミニチュア・タロットを取り出した。
「父がどこで見つかるか」という命題に焦点を合わせて、カードを引く。
「ワンドの7」と「ⅩⅦ・星」の連鎖だった。
“見晴らしの良い高いところ”と解釈する。

一階のインフォメーションまで降りて、フロアマップを確認した。
あった。これだ。ここのことだ。

地下二階の食品売り場は吹き抜けになっているが、
半分ほどの広さで地下一階がかぶさり、カフェや休憩所のあるデッキが張り出している。

そのデッキに立ち、私は地下二階の食品フロアを眺め渡した。
ほんの数分後、眼下の通路を、父がのんびりした様子で歩いていくのが見えた。
私は脱兎のごとく階段を駆け下りて、無事に父をつかまえた。
「ありゃ。どこにおったんじゃ?」と、呑気に言っている父を。


ワンドの7には、小高い丘の上の方で応戦する人物が描かれている。
複数の敵が下にいるが、自分が上に立っている分だけ状況は有利だ。
優勢である故に強気の勝負を挑むこと、
有利な立場で対決することを、このカードは意味している。


上から見れば、ものごとはよく見える。
俯瞰の視点は神の視点だ。


教壇からは、生徒たちの様子が本当によく見える。
自分が生徒だったころは思いもよらなかった。
机の中で携帯電話をいじっていたら、即座にわかる。
ましてやカンニングなど、気付かずにいるのが難しいほどだ。
人の脳には、人の目線、眼球の動きに反応するニューロンがある。
焦点を合わせずにぼんやりと視界全体を見ていても、
誰かの目がちらり、と動くだけで反応するのだ。
あの男子はこの女子が好きなのだなあ、とか
あいつは真面目に聴いている顔をして半分眠っているな、とか
すべて見えている。
一段上の教壇に立っているのだから。


自分の位置が高くなればなるほど、下のものはちっぽけに見える。
「人がゴミのようだ」と言い出しかねない。


冬期講習の最中だったが、悪化した風邪が治らず高熱が出ていた。
呼吸をするたびに胸が痛み、咳き込むと口から血が飛び散った。
大晦日の前々日、一時間だけ休講させてもらって病院に行った。
すさまじく高圧的な医者がいて、自分の偉さを得々と語りながら
患者である私の顔は一度も見ないで診察をした。
肺炎だった。
そうであっても休めないので教室に戻る、と言うしかなかったが
医者は鼻で笑い、馬鹿なんじゃないの、と言った。

その病院には二度と行っていない。


思い上がった人間になる三大職業、というものがあるらしい。
教師、医者、占い師、なのだそうだ。

どれも、いつも下から教えを請われ、命や運命を託す人々に拝まれるため
いつの間にか生徒や患者や客を下に見るようになり、
とんでもなく思い上がった、増上慢の俗物に成り果てる…という。


そのうち二つを生業としている私としては
思い上がるほどの力も業績もないからこそ、勘違いに陥らないように
いつもいつも、振り返り続けるしかない。

ワンドの7は、いつだってあっさりと逆転する。
自分はひとりきりで下にいて、上から複数の敵に棒で叩きのめされる、という
圧倒的に不利な立場に追い込まれかねない。

上の方に立つのは、ものごとをよく見晴らすための手段なのだ。
困っている人、迷っている人を見つけるために。

手段と立場を勘違いした瞬間に、人は奈落に転がり落ちるのだろう。
New «‡Top» Old