category未分類

じゃまたま

trackback0  comment0
tarot.jpeg
日曜はルビーで鑑定でしたー。
ずっと電話でお話ししてきた方と実際に会って 想像通りにステキな人だと嬉しいですね☆
Aさん、またお越しください! うさぎのるーちゃんにも会いたいです~。

先週読んだ本など。

「ミゲル・ストリート」 V・S・ナイポール
トリニダードのスラムを舞台にした あかるい小説。
みなぎる辺縁感。意味のないものを作り続ける人たち。
とりあえず暴力。なバカ男をはじき飛ばすたくましい女性たち。
主人公の子どもがそんな日々を細やかに見つめ
最後に国を出て行くあたり トレインスポッティングを思い出しました。

「組曲虐殺」 井上ひさし
さいきん大ブレイク中の小林多喜二をフィーチャーした
劇団小松座への書き下ろし戯曲。特高の赤狩り&惨殺をコメディにするとは・・。
ひさし節が唸っていて大変おもしろいのですが
女性の登場人物が全員 馬鹿で聖女、であるあたり
都合のいい甘えがすけすけに見えてきてちょっと興醒め。
井上先生が 最低最悪のDV男だったと後で知って納得。ああ、そうだろうな。

「海辺の骨」デニス・マクファーランド
年寄りになる準備をしようと思って しぶい小説にもトライ。
老齢の姉弟が暮らす海辺の町の時間を こまごま長々と描写。
盲学校の女生徒惨殺事件によって 二人の人生にもざっくりと鉈が入ります。
アップダイクっぽい持久力でどこまでも淡々と続くのかと思ったら
きっちり盛り上がりとオチもついていて なかなかスリリングな展開でした。
ブレスの長い小説ですが 面白し。

tama41.jpeg
そして読書を邪魔しに来る たまさん。
スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/137-ecfac827