category未分類

パパの日

trackback0  comment2
una18.jpeg
父の日のうなさん、子どもにもてもて。


病気で二週間ほど延期になっていた 抜歯をしてきました。
牙のように長く曲がって生えていた歯で(ほんとに牙かもしれません)
抜くのは難しいから時間をかけようね・・と 言われていたのですが
歯科医のシマ先生が先週 学会で勉強してきた新しい抜き方を
“基本に忠実”にぎこぎこ実行してみたところ
すぽーん!と見事に 短時間できれいに抜けました。
「これ、持って帰ります?お持ち帰りするならプレゼント包装するけど」
と 血膿付きの牙を見せられましたが
いりません。て言うかプレゼント包装ってなんやねん。

というわけで歯じゃなくて 葛飾北斎の和柄ルームウェアと
林フルーツの桃ケーキをプレゼントにして
横浜まで うちのオトンを祝いに行ってきました。
「パパ、きのう歯を抜いたんじゃ。ここ」
と 私とまったく同じ場所を示されましたが もう驚かないぞ。
「マチャキ(下の弟)が こんなん送ってきよった・・」
と 黒地に赤と銀のファイヤーパターン、ドラゴン柄のTシャツを見せられて
「なんでこんな派手なもん選ぶかのう。パパのイメージはこんなんか?」
嬉しそうに嘆いてましたが うん、パパどう見てもマフィアだから。
「パパ、今年から地味にするけんのー」
と言いつつ 虎柄の甚平を着込んだオトンと食事に行ってきましたが
「あっ、親分さん!お元気そうで!」と 近所の人がかしこまって挨拶しとるやんか。
たぶん うちのオトンは天然でヤクザなんだと思います。
スポンサーサイト
 
ぱぱーん。
その後体調はいかがですか?
そういえば先日は父の日でしたね。(何)

天然で暢気なお父さん最高だと思います。(*´∀`)
広島弁がやたら可愛く思えてしまうのは
やっぱり三上先生のお父さんのキャラの為
でしょうか。オヤジ萌え。
ヒツジさまー
ありがとうございます。おかげさまで復調してきました~!
どうにもでたらめで困った父なんですが(汗)生暖かく見守っております。
若い頃はいちいち許せなくて、血で血を洗う日々でしたわ・・。仁義なき家族・死闘編。









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/147-0a1e68fc