category未分類

わがままたまさん

trackback0  comment0
tama49.jpeg
略して わがたま。

さっきまであたくし 寝てたんですのー。
いつも通り 床にひっくり返って安らかに。
昨晩 夜中の二時まで作文の添削をして
30枚くらい進んだので ひと安心して
「基本的人権の事件簿」という本を読んでるうちに
すやすやと。
「ちっちゃい飛行機を飛ばしながら一年生に“比喩”を教える」という
自分的には たのしい夢を見ながら 寝てたんですのー。

今日は午前中に授業もないし
早起きしたって暑いだけだし
このまんま 絨毯に埋まって“自堕落浄土”な状態で
惰眠をむさぼっていたいわ。と 寝てたんですのー。

耳元で ふごふごふご、という音が聞こえまして
湿った鼻先がほっぺを何度もつんつんしてきまして
目を覚ますと たまさんが。
「あ、撫でますか・・?」と寝ぼけた声で言って
半覚醒で うさぎの背中を撫でてたんですが
うとうと眠りに落ちようとすると
「ふぐふぐふごふごー!」と たまさんが叫んで
あたくしを跳び箱みたいにして 何度も飛び越えるんですのー。
ワニの形をしたじょうろを蹴倒して それを鼻面でぐいぐい押して
あたくしの顔にぶつけてくるんですのー。
「あ・・よしよしよし、はいはい」と呟いて
いったん起き上がって たまさんを撫でると
「んぐふ。」と納得した声を出して うなずくんですけれど
あたくしが眠気に負けて そのままずるずると床に寝そべると
「ぐふううぐほー!」と叫んで
とび蹴りをかましてくるんですのー。
葡萄の入っていた段ボール箱を蹴って あたくしにぶつけるんですのー。

「はいっ!はいはい、わかりました、おきます起きます、起きました!」
って あたくしがよろよろ立ち上がると
ふぐむ。とうなずいて だんだんと後ろ足を蹴立てて
ちらちら振り返りながら 廊下のほうに走っていくんですのー。
よろよろと追っていくと
餌のお皿をがちゃーんと突き飛ばし(飯をよこせ!)
タマホームの中のペットシートを踏み荒らし(トイレを掃除しろ!)
毛皮のおもちゃをくわえて振り回し(遊べ!)
部屋を走り回る(暑いから冷房しろ!)んですのー。

あたくし、あくびをかみ殺しながら うさトイレを掃除してご飯を用意し
クーラーをつけ 毛皮おもちゃをふりふり振って
たまさんのご機嫌をとったんですのー。

ねむい。
今日もまんまと 起こされてしまいました。
わがままうさぎ。かわいいから困っちゃう。(←ばか)
あ、今日は たまさんがかじって破損してしまった
図書館の本「ソーネチカ」を 弁償しに行かないといけないんです、のー。
スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/166-e1324eff