category未分類

芸術の秋に

trackback0  comment0
uni6.jpeg
フォトジェニックな うにさん。

とつぜん思い出したことですが
わたしはもともと 絵が苦手で大嫌いでした。
幼稚園のころ ともだちのレイコちゃんは絵がとてもうまくて
菩提樹の下で瞑想するお釈迦様の絵をすらすら描いていたのに
(仏教系の幼稚園でした)
わたしはクレヨン持ったら 画用紙にぐりぐり丸を描くのがやっとで
ゆいいつ描けるのが 「うさぎ」だけでした。
下弦の半月に丸をくっつけて楕円をふたつ。で、うさぎ。
記号だけでなんとか絵になるので そればかり描いてました。
右脳がまったく機能してない子どもだったんじゃないかと思います。

小学一年生のとき はじめて飼ったハムスターに夢中になって
頭がハムスターで胴体が人間、という
不気味なキャラで まんがを描きまくるようになりました。
三年生のとき 井の頭公園に写生遠足に行って
でたらめに描き飛ばした水彩画が 図工の先生に異様にほめられて
あろうことかコンクールに入選してしまったのが
たぶん人生の曲がり角。

自分は絵がうまいと勘違いし 描きなぐりながら突き進み
美術科に進学してしまい その後もマンガのアシスタントをやったり
イラスト描きのバイトを(SM小説の挿絵だけどねー)したり
今ではタロットの絵を論じながら日々生きてたりするわけです。

勘違いって怖い。

気がつくと 今うさぎとハムスターに囲まれて暮らしていて
塾でも隙あらば 黒板にもプリントにもうさぎとハムスターを描いちゃうわけで
なるほど。ぜんぜん進化してないですね。
そういうことを
今日 井の頭公園でふつふつと思いました。
(↑行く場所も進化してない)



スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/174-7971e385