category未分類

迷子の迷子の

trackback0  comment0
cat1.jpeg
きのう 塾に行こうとして駅の階段をおりてきたら
道に自転車ごと 女の子が倒れていて
その横で 金髪の派手なオニーチャンが困っていました。

もしや塾の生徒か? と思って声をかけましたが
知らない女の子。うつむいて泣いたまま何も答えません。

オニーチャンは 歩いてきてうっかり荷物を自転車にひっかけてしまい
女の子を転ばせてしまったとか。いっしょうけんめい謝っています。

「怪我はないようですけど、泣いてるので・・。
 このまま置いていくわけにもいかないし」(←ニーチャンいい人や!)

困ったねー。と、女の子の涙をふいたり 話しかけたりしましたが
無言。目もあわせてくれません。
あ、アスペルガーかなにか、人とお話できない子なんだな・・とわかりましたが、
なにしろ放っておけない感じなので ニーチャンと一緒に困り果て
とうとう 交番でおまわりさんを呼んできました。

女の子は おまわりさんが話しかけても無言。
ただ泣くだけで無言。

みんなでさらに困っていたら 近所のおばちゃんが通りかかり
「その子、いつもそこで泣いてるわよー。毎回、おばあちゃんが迎えに来るみたい」と。

なんじゃそりゃ!

わけがわかりませんが 「じゃあ、おうちに帰ろうか」と言うと
女の子はだまって自転車を動かしたので
そのまま おまわりさんにお任せして わたしは塾に向かいました。

あの子だいじょうぶかなー、と 後々まで気になりましたが
よく考えると
これって「犬のおまわりさん」そのままやん!
♪こまってしまって わんわんわわん。

スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/230-4d3ab8c9