category未分類

メカブラバーVSアシタバラバー

trackback0  comment0

昔のたまさん写真、使いまわし。
見た目ぜんぜん変わんないから「近影」です。

わたしはメカブを愛しています。
365日 毎朝メカブを食べております。
食べないと落ち着かないんだ、ぬるぬる。
明日も美味しくメカブが食べられると思って生きてるんだ、ぬるぬる。

たまさんは明日葉を愛しています。
365日 毎日明日葉を食べております。
食べないと病気になるんだ、もさもさ。
今日も明日葉が食べたいよってお皿をひっくり返して暴れるんだ、もさもさ。

というわけで わたしは毎日スーパーでメカブと明日葉を買っておりますが。
自分ではいちども明日葉を食べたことがありませんでした。
小松菜も青梗菜も、柔らかい葉の部分以外を食べ残す贅沢たまさんが
明日葉だけは、茎まで残さずすごい勢いで食べているから
そんなにおいしいのかなあ。
と、思って。
クックパッドでレシピをみて
明日葉を湯がいてアク抜きして
ツナといっしょに炒め物にしてみました。

ぱく。
・・・・・。
苦っ!なにこれ、癖ありすぎ!
うわっ、だめだこれ、ぜんぜん口に合わない!無理無理無理!
なんでたまさん、こんなの生で茎までむしゃむしゃ食べられるの!?

たまさん「ぶふ、ぶふ、ふごー!(あしたば、うまいんだもん!)」
なにやら足もとで抗議しているので
メカブを少々。小皿にのせて たまさんの鼻先に近づけてみました。
慎重に匂いを嗅いだ たまさん。
つん、と鼻をメカブにくっつけて
次の瞬間
「ぐほおー!」
すんごい怒りの声をあげて飛び上がり 脚を踏み鳴らして部屋の隅にダッシュ。
嫌そうに、心底イヤそうに首を打ち振って、鼻にくっついたメカブを振り払ってます。
「ぐふっ、ぐぶう、ぶっ、ぶう!(なにこれ!キモすぎ!無理無理無理!)」
そ、そんなに嫌いですか、メカブ。

わたしは明日葉がきらい。
たまさんはメカブがきらい。
でも。
たとえ好みが合わなくても
いいじゃあないか。
仲良しならば。

んで今日も 互いにちょっと離れたところで
メカブと明日葉を それぞれ貪り食っております。
んまい!


スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/308-3d9141d1