category未分類

うーちゃん と たまさん

trackback0  comment0


一年間の長期入院をした 四年生のうーちゃんに手紙を書いたところ
一週間ほどして お返事が届いた。

「みかみ先生、わたしは入院しているけれど、元気です。
 病院に学校があります。四年生がひとりなので、先生をひとりじめです。
 苦しくなる前に病気がわかったので、長くなるけれど、治ります。」

そんなことが、ねこ模様のびんせんにいっぱい書いてあった。
絵の上手なうーちゃん。たまさんがマトリョーシカになっている絵が描いてあった。

たまさんからもメッセージカードを送ったので
(メッセージ:のんきがいちばん!たまさんより)
お返事のカードが入っていた。

「まったり元気なたまさん
 ひまもつまらないよ!ほどよくいそがしいのが一番です!
 ニンジンの食べすぎに注意」

たまさんが 釣竿でニンジンを一本釣りしている カラーのイラストが描いてあった。

うさぎの折り紙が同封されていた。
口にニンジンをくわえている ピンク色のたまさん折り紙。

お母様からのお手紙もあって そこには何もはっきり書かれていないものの
うーちゃんの病気は わたしが楽観的に信じていたほど簡単なものではない、ことが
感じ取れた。
「娘は、教室で先生と会えなくなってからも、家でよく、先生やたまさんの話をしておりました・・」

嬉しく可愛い大切な手紙をたたみながら
じーんとした。
頭や体のそこらじゅうが いろいろな痛みや 痺れのような気持ちで じーんとした。

たまさん、お返事かきなさい。
折り紙おりなさい、元気な女の子の姿を折り紙で折って
お礼におくりなさい。

たまさん、たまさんまで病気になっちゃって
手術するかどうかわたしを悩ませて
お母さんとお父さんと犬のお姉さんに家族会議をひらかせて
悲しませるなんて
だめじゃないかだめじゃないか。

うーちゃんも たまさんも
もとどおり元気になって 歌いながら踊りまわって跳ね回って
ぴょんぴょんゆかいに過ごせる
そんなふうに はやくはやくなりますように。



スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/363-195c28ee