categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

番長。

trackback0  comment0

こんにちや。ハムスター一家の番長、ニコラでしゅ。
ケンカつよいけど 抱っこされるの だいしゅきー。


春期講習が終わりました。
いつもは地獄の講習日程だけれど
今年は一年ぶりに懐かしき元校舎に帰ることができて
いちにち6コマだけ!という のどかなスケジュールで働かせて貰えたので
(まあ、休憩5分でぶっ通し授業というのは、やはり相当に消耗しますが)
地獄どころか天国、パラダイス気分でした。
いつもは10時間連続授業だもんな・・。

元校舎、やっぱり楽しい。やっぱり大好きだ。
わたしがいない間に荒れて荒れて、学力ゆるゆる、ほぼ学級崩壊、
になってしまった校舎を建て直すために帰ってきたから
毎時間、わたしの怒号が建物を揺らがすほどには気合い入れさせて頂きましたが。

でも授業は面白くなければほんとじゃない。
ゆるいところはシメて、伸びるところはがんがん伸ばしました。
そういうことができるほどには、わたしもベテラン教師になれたようで。

わたしは、怖いらしいです。
他の先生だとなめきって、授業中に大声をあげて騒ぐ、立ち歩く、携帯をいじる、
そんなクラスでも
わたしが現れて じっと生徒ひとりひとりを見るだけで
しーんと息をのんで背筋を正し、集中します。
ふしぎなことです。
(それって一体どうやるの…? と、よく他の先生から訊かれます。簡単なのになあ)
いちど、がっと腹の底から叱ると、そういうダイレクトな大人もいると
子どもたちは認識するようで。
それでもわたしが、生徒たちがものすごく好きなことをわかってくれるようで
なついて、打ち明けて、授業を面白がってくれて。
緩急自在にさくさく進む、この教室の授業のリズムがとても、すきです。

帰ってきてよかった!

最終日、都立6年の作文授業は 課題を終えてしまったので
「校歌」をつくるオリジナル授業を行いました。
定型詩をレクチャーして、韻を踏むことを教えて。
みんな、ろくでもない校歌をどしどし、爆笑しながら作ってくれました。
おーい、遊んでるんじゃない、これも立派に都立作文の授業なんだぜ!

では、6年生・K田くんの作った塾の校歌をご紹介。

「ここは○○○~ 東都ビルの~ 三階にあるぜ~ ○○○西永福~

 校長は ミスターK坂~ イギリス留学で~
 英語がとくい~ ミスターK坂~

 年長は ミスターK島~ キリンとゾウを飼っていて~
 理系がとくい~ ミスターK島~

 番長は ミス三上~ 作文おもろくて~
 たまさんかわいい~ ミス三上~

 年少は 並木~ メガネかっこよくて~
 メガネの修才~(原文ママ) 年少の並木~」

…あほですな。さすが小学生。
「韻を踏め」と言ったら おじさんの先生を「年長」で片づけたり
大学生講師を呼び捨てにして「年少」と言い切るあたり!
講師陣をなめきってます。

で、K田よ。
なんでアタシが「番長」なんだ? え?
たまさんを出せば許されるとでも思ったか?
ミス三上、また どかーんと怒っちゃうよ?
スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/413-0b9acd52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。