category未分類

たまさんと ひっこし。

trackback0  comment0

ベランダの端に 手裏剣ひとつ。
…夜の間に忍者が来たな。


引っ越しが本決まりになりまして
なにかと気忙しいです。

二十年も住んだこのマンションの部屋から 出ていくことに。
ああ、感慨……
は、ぜんぜんありません。

なんとなれば、同じ住所、同じマンションの
隣の部屋(完璧に同じ間取り!)への 引っ越しだから。

ええ、わたしだって どうせなら。
こんな設備の古い、立地の悪い、レトロを通り越して廃墟みたいな
ふるくさいマンションより もっと新しくて便の良い建物に引っ越したいです。
ちょっと調べたら、近場で最新設備のオシャレマンション、いっぱいありました。
あー住み替えたい!!

んでも。
たまさん。

昨日、たまさんのお目目をつくづく見たら
もう右目は真っ白に濁って あきらかに視力ゼロでした。
左目も、そうとうにやばい。
それでも、たまさんは七年も暮らして勝手知ったるこの家を
記憶と勘だけで ぴょんぴょん走り回っているのです。
物の配置を少し変えるだけで
がしゃーん!と体当たりして びっくりしてしまいます。
匂いの付いた敷物を換えるだけで
どしゃーん!と壁にぶつかって ショックを受けてしまいます。

そんなん可哀そうや。
でも、たまさんとハムたちが噛み壊し汚しまくったこの古い家には
もはや、お客さんを呼ぶこともできないのです。
壁も床も天井も染みとカビだらけ。
バスルームのドアノブ腐食して落ちてるし。
トイレのフラッシュも動かず タンク内に結び付けた「靴紐」を引っ張って流してる有様だし。
………。

タロットの生徒さんを呼べなくなって数年、
お友達にもこの一年は来て頂いていません。
ってか彼氏も来たことないわ。あんな潔癖な人、うちに来たら死んでしまうわ。

というわけで 引っ越し決意しましたが
たまさんが混乱して悲しくなってしまうのはいやなので
同じ間取りでリフォーム済、エアコン完備の隣の部屋への 住み替えです。

越したらすぐさま、たまさんをだますために
家具を同じ配置にし、敷物を匂いのついたものに置き換えて
「んー?もとのおうちかなあ?」
と、勘違いしてもらう予定。

ええ、うさぎのための引っ越しです。
採算に合わない決断は承知の上。
もっぺん契約をして敷金礼金仲介手数料も払って
しょぼいマンションの隣室に住み替えです。
わたしはあほなのでしょうか。

わたしはあほなのでしょうね。
でも、ええねん。
たまさんが また幸せに安心して暮らしてくれますように!
スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/461-2ac7f89a