category未分類

スーパーミカミブラザーズ

trackback0  comment0


「親分」と呼ばれる従兄がいます。
なんとも頼りないミカミ三兄弟とは違って
人情に厚く、仕事ができて世間でも成功し、度量が大きく頼もしいので
昔からずっと、親分!親分!と呼んで
ミカミ家揃って すっかり頼り切っています。

そんな親分が家を新築し
その豪邸にたびたびミカミ家の者を呼んでくれまして
この度は私の都合に合わせて
「たまには兄弟で顔を合わせなさいパーティー」
を開いてくれましたので
ええと、十年ぶりに兄弟三人(&妻子)が揃って再会しました。
(驚愕の疎遠っぷり!)

久しぶりに会えば会ったで、別に仲が悪いわけではないので
普通に話すミカミ兄弟ですが
なにしろお互いに無沙汰が長すぎて
当たり前だけれどそれぞれに歳を重ねていることにびっくり。
(頭の中、子供の頃のイメージしかない)

いまだにちゃらちゃらしているのは私だけで
弟ヒロキ・マサキともに子供が二人いて 大黒柱として苦労しているので
「オレ、もう老眼で近くの物が見えないよ」
「オレなんか背が縮んできた」
お前ら どんだけ老人だよ!

あまつさえ
「オレ、血圧が高くなった」
と言いだしたヒロキをつかまえて
親分が血圧計で測定したところ
驚愕の
上・175!下・112!
「死ぬぞお前!」
「かめちゃん(お嫁)、生命保険かけてあるか?」
「すぐに病院に行け!」
大騒ぎ。

心底、心配してくれる親分にこんこんと説教されて
ヒロキは病院で検査する、と約束しましたが
(上がその約束・指きりげんまん写真)

その後もなんだかんだと言い逃れようとするので
とうとう
「そうだ、姉ちゃんはタロット占い師だ、ヒロキはタロットで健康運を見てもらえ!」
「あたしタロット持ってきてない、あ、でもトランプでも代用できるよ」
「じゃあトランプで見てもらえ!」
ということになり
親分の奥様のえみこさま(とっても可愛い♪)にトランプを探して頂いて
いきなり鑑定大会に。
結果は……
こらヒロキ、これは、洒落にならない。

生まれつき、ウルトラ偏食家で野菜をいっさい食べず、
背ばかり異様に高くて痩せすぎのヒロキ。
マサキや私と違って
スポーツにもいっさい縁と興味がないヒロキ。
いよいよツケがまわってきました。

そんな宴が開かれた親分の豪邸は
先年、大病をされた奥様のために
九星気学の方位や時にのっとって完璧に設計された
「えみこさんが快癒するための新居」
なのでした。家中すべてに気学の教えが活かされています。
つまり、妻への愛でできた家……。

その真っ只中で 親分に諭されるヒロキは複雑な表情。
目の前にいる愛妻・かめちゃんや、愛娘・ふじ&はづ、を見ると
自分ひとりの身体じゃない、ということが実感できたのでしょうか。

マサキも奥さんのゆかちゃん、息子のシュウ&ショウを見ながら
しみじみ、父としての健康の大切さに思いをはせているようでした。
マサキは働き過ぎや。そんで、お前も痩せすぎや。

「姉ちゃんも痩せすぎだろ!」という声には
しれっと「だってボクシング47キロ以下の階級でいたいんだもん」と返し
シュウ&ショウを相手にボクシング指南を始める私。

…うむ、持参したリースリング(うさぎラベル)と赤ワイン二本、ビールも
しっかり飲みほした後で
スリッパでミット打ちをやっていたせいで(アホですな)
ぐらぐらに酔いがまわり
帰り道は、五歳のはづちゃんに手をひかれて
よちよちと駅まで歩いて帰った(そして終電を逃した)
いい年して子供みたいな姉の言うことなど
弟たち、いっさい聞かないでしょうけれども、

お前ら、身体に気をつけろよー!(説得力ゼロ)

そして親分、えみこさん、かめちゃん、ゆかちゃん、ありがとうございました♪
スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/470-baf924bf