category未分類

桜さくさく焼きドーナツ

trackback0  comment2


受験本番の時期がやってきました。
中学生は推薦入試を終え、小学生たちも2月3日に決戦の日を迎えます。

最後の授業、に こんなに力を入れるのは初めてです。
足かけ九年目になる、今の塾での教師生活。
三年以上も受検対策講座の講師をつとめ、自分に何ができるのか、何を求められているのか
わかってきたから
生徒の望みをかなえるため、多少は厳しくてこわい先生と思われたっていい。
これまでのような「おもしろ先生」という人気なんかなくしたっていい。
すさまじい最終課題をオリジナルで出題し、骨のある生徒たちをうんうん悩ませています。

小6の都立受検生たちには、地球水資源の枯渇と日本の仮想水輸入について
WRIや世界水機構やUNEP出典のデータをがん!と提示して
データを用いた小論文と、ベクトル化した図表からの「超越案」を
時間を限って提出させています。

これができたら受検なんてちょろいもんだ。

でも、今日は、小6の男子を授業で泣かせてしまいました。
四十分の時間をかけて考えて貰う課題を、資料に目を通しもせずに
十分足らずでちゃちゃっと書きあげてきた答案があまりにも、力を使っていないものだったので
「これでは、今まで努力してきたことと、本当の才能が誰にも伝わらないよ」
と、極力おだやかに伝えたつもりだったのですが。
プライド盛りの十二歳男子が、競争仲間の前で身も世もなく泣き崩れてしまって。

ちがう、T君、先生は君を非難も否定もしているわけじゃない。
小手先で勝てる試合じゃないんだ。
見栄でクリアできるゲームでもないんだ。
結果はどうあれ、この大一番の勝負に全力を出して清々しくなれないと、
あとが辛い。あとの人生が。悩まざるを得ない青春が。

T君には彼なりの事情や体調があったことでしょう。
だいたい、わかっています。
それでも、解答にダメ出しして泣かせてしまうのは、本当に心がきりきり苦しかったけれど…。
こんなに小さいのにこんなに辛い勝負をする君たちは、本当に勇者だ。
勇者を鍛える学校のトレーナーも、負荷をかけるべき時期がわかって、あえてやっているんです。
ごめんな、T君。

(でも、私のタロット講座はもっと甘々です。タロットは決戦しないでいいし。趣味でいいんだし)

で、小さな勇者たちを励まし勇気づけるため、今年もつくりましたー!
「合格祈願☆桜さくさく焼きドーナッツ」
第一陣、二十五個やきましたよー。
食ってくれ。真ん中に「ごーかく(五角)」の穴が「通った」
縁起モノのドーナツ食って。自信と気合をしっかりお腹におさめておくれ。

ええと、開封後はお早めにお召し上がりください。
スポンサーサイト
 
No title
すごい!こんなに縁起の良さそうなお菓子見たことありません。笑
先生が少しずつ元気を取り戻されているようで良かったです。
生徒さん達にも先生にも良い春が訪れますように。
No title
Merryさま、ありがとうです!
今日は小学生の受検本番でした。信じて結果を待つのみです。
節分だから運勢の変わり目ですね。
Merryさまにも新しい、さらに素敵な一年が訪れますように!









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/476-f5421bc9