FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryタロット

ワンドの4

trackback0  comment0
thHXIIVWHW.jpg


家から出ることが、怖くてたまらない頃があった。

外では何が起きるかわからない。
見知らぬ人や予測のつかないことすべてが恐ろしかった。
心が弱っていた時期だったのだと思う。

家の中は、楽しくも素晴らしくもなかったが
少なくとも安全だと思われた。
外から何かが攻めてきたら、あっという間にぺちゃんこにつぶれてしまう程度の
「かりそめの安全」ではあったが。

外に出ないでも生きていけるのであれば、
そのまま引きこもりになっていたと思う。
運よく、運悪く、どちらなのかはわからないが
働かなければ生きてはいけなかった。
外の世界にはたくさんの用事があり、会うべき人があり、出かけていく必要があった。
億劫さと恐怖感を全身に詰め込んだまま、
一歩ずつ外へ、少しずつ長く、ちょっとずつ遠くへ、
自分を鼓舞しながら外へと向かった。

本当に少しずつ。

いつの間にか、楽々と外の空気を呼吸できるようになった。

いつしか、足取り軽くどこまでも歩き回るようになった。

とうとう、家に帰るのがつまらなくて、いつまでも外でうろうろ遊んでいる人間になってしまった。

引きこもりの逆は何だろう。出ずっぱり?解き放ち?


外の世界は変化と思わぬアクシデントの連続だ。
そこに新鮮な風があり、うまく波に乗れたときの楽しさがある。

内側の世界は、いわば人為的な無風状態だ。
波立たせず、予定調和をどこまでも続ける。

ひとりでその状態をキープするのは、心が疲れて外の波乱に対応できない時だろう。
内省が必要な時期も、人生には必ずある。
冬の間の種子のように、自分の中身を守り通したら
来たるべき春には、外に向かってぐんぐん伸びていくことができる。

ひとりで「お籠り」するのは、悪いことばかりではない。


怖いのは、集団の内側に籠ることだ。


内輪の世界。その中だけの安定と安全。
そこにいるときは仲間とつながっていて安心だ。
同質なものに囲まれている。予定外の怖いことなど起こりはしない。
そこから排除されるという恐怖以外は。

夜十時ごろのスーパーマーケットに、十人ほどの若者のグループがいた。
狭い通路で全員がポーズを取って写真を撮り合ったり、
携帯のビデオ通話で他所にいる仲間と話し合ったり、賑やかに騒いでいる。
ここは休日のテーマパークではない。平日深夜のスーパーマーケットだ。
勤め帰りの疲れた人たちが、はやく買い物を済ませたいとレジに並ぶ列に割り込んで、
大声で話し、撮影し、端末に向かってポーズを決める。

異様な光景だった。

彼らにとっては、自分たちと、電話回線でつながっている友達だけが現実の存在で
周囲の買い物客や店舗のスタッフの困惑顔、怒りの雰囲気など
存在してはいないのだろう。


ワンドの4は仲良しカードだ。
故郷に帰ったところなのか、旅先で訪れたフレンドリーな村なのか、
花飾りのもとで人々が歓迎してくれている。
安全と安定、リラックスできる環境、仲間、友人。

和やかで安らかなカードではあるが、この札はときどき怖い。

もともとは、何の境界もない自然の世界を、人は四角く区切って
自分の場所だと決める。そこは守られた、安全な味方の場所になる。

しかしその瞬間、四角の外側はすべて敵のいる場所に豹変する。

外側は、内側をつくることで発生するのだ。

ワンドの4の札で手を振る人々は、仲良しには違いない。
しかしそれは、外側の世界にも共に冒険に出掛けられる、本当の仲間だろうか。

内側にいるときだけの仲良しは、おそらく一番こわい敵にもなり得るのだ。
スポンサーサイト
 









        
 
http://mikamirei.blog61.fc2.com/tb.php/595-13c2cbb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。